読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすいところから変えよう

こんばんは、トオルです。

 

 

 

 

最近Amazonで良い感じの本がないかチェックしていたら

堀江さんが「みるみる痩せる!!堀江式ライザップ」という書籍を発見しました。

 

 

以前メルマガでライザップがスポンサーになって

ダイエットを始めたと言っていましたが

表紙のビフォーアフターを見る限り、まったく変化してません(笑)

 

 

ページ数と表紙から内容の薄さがにじみ出ていたので

購入をすることはなかったですが、

レビューを見る限り「この本クソ」とのことでした…

 

 

堀江さん最近ちょっとテキトーな本が多い印象を受けます。

 

 

ホリエモンライザップは残念な結果となりましたが、

ライザップのコンセプトというか、方針自体は

すごく理にかなってるなぁと思いました。

 

見た目を一気に変えるという点においてです。

 

 

 

ライザップの社長の瀬戸さんがライザップを創設したきっかけは

高校時代のデブ彼女のダイエットサポートです。

 

152cm70kgの彼女に食事制限やトレーニング方法を教えて、

48kgまで痩せさせたそうです。

(痩せてきれいになった彼女が

その後すぐに浮気して別れたってオチがすごく好き)

 

瀬戸さんの元カノの例から

外見を変えるだけで周囲の評価を180度変えることができる

ということがわかります。

 

 

人間に限らずほとんどの哺乳類は

人の第一印象を視覚で判断します。

 

視覚っていうのは、

たとえば肌の色や体つき、身なりとかですね。

 

女性が男性を見る時、

肌の色が褐色で、筋肉質な人だと

「この人は強くて男らしい人に違いない」

と好感を抱いたり、

太っていて、ボロボロのジャージを着ている人だと

「この人は自己管理ができない人だ。近づかないほうが良い」

とネガティブなイメージを持ったりします。

 

合コンでこの二人が並んだら

たとえデブのほうがしっかりした考えを持っていても

間違いなくマッチョのほうにいくでしょうね。

 

合コンは第一印象でほとんどが決まるので。

 

なので中身を変えるよりも視覚的なところを

まずは変えていきましょう。

 

 

視覚的に目につきやすいところを変化させろ

といっても全ての物事に通用するわけではないので

ちょっと言い方を変えます。

 

 

 

「相手からの印象をすぐに変えられるところから変える」

です。

 

 

この考えに色々当てはめてみると

モテたい服装と髪型、表情を変える

英語流暢にしたい発音をネイティブに近づける

威圧感上げたい筋肉つけてその筋肉を強調させる服を着る

 

などが挙げられます。

 

英語に関して言うと

発音が良いだけでネイティブからの評価めっちゃ上がりますよ。

あとジェスチャーとかもできるとより高まります。

 

 

色々言われますが、形から入るスタイルは効率いいです。

 

他人からの評価が上がるだけではなく、

自分の自己評価も上がるのでその状態が継続しやすくなります。

 

 

 

もしあなたが今、今までの自分から脱却したい!

と考えているのであれば、

変化がわかりやすいところを短期間で一気にチェンジしてみる

ということをしてみてください。

 

短期間でやるということがミソですよ。

 

 

それでは。