イヤホンから感じるワイヤレスな未来

こんばんは、トオルです。

 

先日Bluetoothのイヤフォンを買いました。

ANKERのSoundBuds Sport NB10というやつです。

 

防水・高音質・高フィット感・高速ペアリング…

 

これで2000円台とか信じられません。

 

 

1つ前はQCY QY19というものを使っていたのですが

そのイヤフォンもBluetoothです。

 

確か防水性は低かったかと思いますが、

今のイヤフォンと同様に音質はめちゃくちゃ良かったです。

 

 

 

高校時代に財布とにらめっこしながら買った

5000円のオーテクのイヤフォンはイヤフォン部分がゴツくて装着しづらいし、

コードが絡まるし、水に濡れたら一発アウトだし、おまけに音質悪いし。

 

上記2つのイヤフォンと比べてさっぱりピーマンでした。

 

でもその時代のBluetoothイヤフォンは

それよりもさっぱりでした。

 

高いのに音ブツブツ途切れるし。

 

 

そう考えると8年くらいでものすごく進化したんだなぁと

時代の移り変わりの速さに少々絶望しながら

科学進歩の速さに感動をしています。

 

 

これからもどんどんBluetoothは進化して

音質も良くなり、距離も伸びることで

野外ライブを全員イヤフォンで聞くなんてことも

いつかあるかもしれません。

 

 

iPhoneがイヤフォンジャックをなくしたことも

Bluetoothイヤフォンの将来性を踏まえてのことだったのでしょう。

 

 

 

そのBluetoothも今年の年末にBluetooth 5が正式リリースされたようです。

 

通信速度は2倍、範囲は4倍と

かなり遠い範囲でもタイムラグがほとんど無しで使えるようです。

 

 

トレーニングジムとか狭い範囲をウロウロするときに

この機能あれば便利そう!!

 

 

実際にこのバージョンを利用できるのは

今年の前半以内とのことで、

スマホでいうとサムスン電子とかが先陣を切りそうです。

 

 

 

 

 

ワイヤレスと聞くと基本的に皆さんは

掃除機かイヤフォンしか思い浮かばないかもしれませんが、

電化製品の操作や充電すらもワイヤレスになりつつあります。

 

家電の遠隔操作だとGoogle Nestがやっている

家まるごとIoT化が有名ですし、

ワイヤレス充電だとクラファンで出てきたAirVoltとか。

 

AirVoltとかいいアイデアだなぁとは思ったんですが、

商品化には残念ながら至りませんでした。

 

 

今はQi規格に基づいた無線充電台を通しての充電がMAXですが

近い将来、AirVoltのような商品が出ると思っています。

 

 

こうやってどんどんワイヤレスが浸透していくと

生活がどんどん自由になっていきます。

 

 

スマホBluetoothイヤホンだけ持っていけば

街中どこにいても無線充電ルーターから充電しながら

快適な生活を送れるでしょう。

 

いやGoogle Glassみたいなウェアラブルバイスと指紋だけで

全てが完結するかもしれません。

 

 

そうなると人間はどんどんモノを持たずとも

世界や宇宙にコンビニに行く感覚で出かけられるかもしれません。

 

 

科学のワイヤレス化が進んでいる今、

僕たちも束縛というワイヤーから解き放たれるように

日々努力していかないといけないですね。

 

それでは。