読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキル習得に分業は非効率?

こんばんは、トオルです。

 

 

 

もう今年も1ヶ月が経とうしています。

 

新年に立てた目標は

「語学・ボディメイク・情報発信」

 

多くの人が大小含めて10個も20個も

新年の目標を作っていますが

僕は大小含めても3つだけにしています。

 

僕も去年までは10個も20個も目標を立てるタイプで

その数の多さに消化不良になってしまい

結局ほとんど何もやり遂げられませんでした…

 

なので今年はスムーズにこなしていけそうです。

 

 

ただ3つとはいえ、やることめっちゃ多いんですよね。

 

語学は英語&中国語で同じ言語というくくりではあるものの

語族がまったく異なりリンクしているところが全くない。

 

ボディメイクは健康的なモテるカラダという

大雑把でよくわからないテーマなので

やることがトレーニング・栄養・ヘルスと幅が広くなっています。

 

情報発信に関しては特にわからないことだらけで

何をどうやっていけばいいのかわけわからんという状態です。

 

情報発信はこんな状況なので

新年始まって約1ヶ月たった今、

他の2つに比べて何か目立った変化がないです。

 

選定した資料を読んではいるけどなんかぱっとしない。

 

 

英語はTOEICの点数とスピーキング力が上がって

カラダは体脂肪10%で逆三角体型に近づいているという

大きな変化が見られているからかもしれません。

 

 

自分としては情報発信をトッププライオリティにしているので

ちょっとまずいなと感じていました。

 

 

そんなときに、

「あ、ちょっと物事への取り組み方間違えていたかも。なおそ。」

と思うようなことが

最近購読している英語学習のメルマガを見ているときにありました。

 

 

そのメルマガでは

英語の学習を以下のような3つに分けています。

 

①発音

②インプット

③アウトプット

 

 

ネイティブと本気で話し合えることを

今年の目標にしている僕にとっては

この3ステップとそれぞれで行う手段はぴったりでした。

 

 

なので最初は①②③を①から順番にやっていこうと

それに合わせた学習法を考えていたのですが

後のメルマガで発信者の方が「①②③は全部並行してやりましょう」

と書かれていたので「?」と思いました。

 

 

効率を考えると分業スタイルのほうが

一点集中で取り組めるからいいと思っていたので

この意見には懐疑的になっていました。

 

 

でもその続きをみて覆りました。

 

 

 

↓↓続きの文章↓↓

 

英語を習得する上で、上記3つのステップを同時に行うことが何より大事です。

 

 

これについて、メール講座の序盤から中盤にかけてちょろっとお話しましたね。

 

つまり、

 

①発音を完璧にしてから②インプットに取り組もう・・・

 

 

という考えではなく、

 

 

①発音を練習しつつ②インプットにも取り組み③アウトプットもやっている

 

 

これが理想的な英語学習法です。

 

①発音②インプット③アウトプットは一見すると独立しているようにも見えます。

 

しかし、それぞれが相互密接に関係しています。

 

 

発音が上達すればアウトプットの質も高まるでしょう。

 

アウトプットの質が高まれば、ネイティブと接する機会が増えインプットのチャンスが増えます。

 

インプットをたくさんやれば、自然と発音が上達してきて、アウトプットがさらに上達します。

 

 

私はこれを「英語上達の無限ループ」と読んでいます。

 

 

今日からトオルさんは独学で英語に取り組んでいくと思います。

 

それにあたり、

 

「英語上達の無限ループを自分の中で作る」

 

というのを最初の目標にしてはいかがでしょうか。

 

 

ひとたび軌道に乗れば、凄まじいペースで英語が上達していきます、

 

私を信じて、そしてトオルさん自信を信じて、軌道に乗せていきましょう。

 

 

 

 

基礎と理論と実践を同時並行で行え。

 

そうすれば互いに寄与し合い、習熟スピードを圧倒的に高める。

 

 

 

まとめるとそんな感じでしょうか?

 

 

何か製品を作るという点においては

最大化させるために分業化して取り組む

という考えが効率がいいでしょう。

 

 

だけど僕がやろうとしていることは

車や服やテーブルを作ることではなくて

スキルや考えなど知識の習得なので

分業は効率が良くないのかもしれません。

 

 

現時点で正しいと思うやり方は

 

①その目標に取り組む上で必要な要素を洗い出す

②それぞれの要素を強化するための手段を考える

③分けた要素に同時並行で取り組んでいく

 

 

でしょうか。

 

 

 

英語とボディメイクは無意識のうちに

①~③がある程度こなせていていました。

 

 

しかし情報発信はというと、

①の要素の洗い出しすらもやっていませんでした。

 

これだと何をやればいいのかがぼやっとしすぎていて

取り組もうにも取り組めないですよね。

 

他の2つに比べて遅れをとっているので

費やす時間をもっと増やします。

 

 

それでは。