読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」

こんばんは、トオルです。

 

今日から書評を書いていこうと思います。

 

続きを読む

わかりやすいところから変えよう

こんばんは、トオルです。

 

続きを読む

世に出回っている情報を鵜呑みにしちゃいけない

こんばんは、トオルです。

 

 

 

ここ3ヶ月くらいの間に

「世に出回ってる情報って嘘ほんとに多いよな~」なんて

思うようになりました。

 

そう思ったのは、2つのことから。

 

1つはバイト先の業務変更です。

 

 

バイトはサイトアフィリエイトをやっている会社です。

 

4ヶ月前までの約9ヶ月間は

メインサイトSEO上位表示させるために

バックリンクっていう、言い換えれば下層サイトの作成を

1日5時間とかしていました。

 

このテクニック自体は5年くらい前に衰退したらしいのですが、

今も瞬間的な売上を狙うには有効なようです。

Google的には完全にブラックな行為ですが)

 

 

その小手先テクニックでなんだかんだ

年間1億とか稼いでいたようなのですが、

さすがにこれをこれからずっと継続していくのは

非効率だし将来性が見込めないということで

質の方に転換しました。

 

それにともなって僕はライター業務に移り、

害虫用のマニュアルを作ったり、

自分でレビュー記事を書いたりするようになりました。

 

 

 

僕存在が会社に知られるとまずいので

あまり細かい話はしませんが、

売り出しているジャンルは美容(男女両方)です。

 

 

美容って幅広いですが色々ありますよね。

 

美白化粧品、脱毛、整形、バストアップ…

育毛・発毛、体臭、パーソナルトレーニング…

 

 

 

ここに挙げているすべてを

アフィリ(=仲介)報酬を得るために

立派なサイトを作って記事入れをしているわけですが

この記事の質が本当に無茶苦茶なんですよ。

 

もちろん文法的におかしいとか、

言葉遣いがどう考えてもおかしいとか

そういうのではないです。

 

 

記事を作るときに使用したソースが終わってるんです。

 

記事の作り方は簡単に言うと、

ヤフー知恵袋や徹底レビューしているブログから

(ネタとして)使えそうなコメントを引っ張って

ミンチにして成形するだけです。

(もしその商品を批判するなら

徹底レビューで明かされたマイナス部分だけを使う)

 

 

そんな状態だったら正確な情報が伝わるわけがない。

 

基本的にサイトアフィリやってる人たちは、

おすすめ商品を質ではなく報酬額で決めているので

購入する方は良いものに違いない!と飛びついても

「高いけどそれ水だよ」

という育毛剤を掴まされてしまうんですね。

 

怖い…。

 

 

ちなみに最近薄毛が気になっている僕の父親

あるサイトで育毛剤を買っていたのですが

調べてみると「効果はないけど高い」育毛剤でした….

ヾノ・´ω・`)ダメダメ  ヾノ・´ω・`)ダメダメ

 

 

 

他人の持ち物とか見ていると

この人悪い商品掴まされっちゃったんだなぁ

なんて思うことが多々あります。

 

 

あともう1つはミニマリスト報道。

 

 

ミニマリストという存在は書籍を通じて

2015年に一気に知名度を増しました。

 

 

テレビ番組の短い尺の中で

ネタとして使いやすい部分だけ切り取られてしまった

ミニマリストの私生活は色々とディスられました。

 

フローリングに正座してかいわれ大根を食べるシーン、

机がないから寝転がってパソコン操作をするシーン、

マットレスの上に寝袋を置いて寝るシーン。(自分のことですw)

 

 

生活全体を見ると普通なのに

こういうヴィヴィッドに映るところだけ流されると

ミニマリスト=ストイックなヤバイ人としか捉えられないのです。

 

 

ミニマリストはそもそも、

自分が本当に求めているものだけを持つという

エッセンシャル思考を具現化したものなのに…

 

 

まぁこういった2つの出来事を通して、

ちゃんとしたフィルター持ち合わせていないと人生狂うなぁ

なんて思いました。

 

 

 

WELQをはじめとしたまとめサイトの問題もあり、

どこを正しい情報源とすれば良いのか?

というふうに感じる方もいるでしょう。

 

 

そういった場合はまとめサイトTwitterからではなく、

お金と時間がかかりますが書籍から得るようにしましょう。

 

 

要点をポンッと提示してくれはしませんが、

まとめサイトとは違って本は体系的かつ正しい情報を伝えてくれます。

 

 

と、本をたくさん読みましょうと言っている僕ですが、

最近全然読めていないので

積読している50冊くらいの本、読むかな。

 

 

 

 

それでは。

イヤホンから感じるワイヤレスな未来

こんばんは、トオルです。

 

先日Bluetoothのイヤフォンを買いました。

ANKERのSoundBuds Sport NB10というやつです。

 

防水・高音質・高フィット感・高速ペアリング…

 

これで2000円台とか信じられません。

 

 

1つ前はQCY QY19というものを使っていたのですが

そのイヤフォンもBluetoothです。

 

確か防水性は低かったかと思いますが、

今のイヤフォンと同様に音質はめちゃくちゃ良かったです。

 

 

 

高校時代に財布とにらめっこしながら買った

5000円のオーテクのイヤフォンはイヤフォン部分がゴツくて装着しづらいし、

コードが絡まるし、水に濡れたら一発アウトだし、おまけに音質悪いし。

 

上記2つのイヤフォンと比べてさっぱりピーマンでした。

 

でもその時代のBluetoothイヤフォンは

それよりもさっぱりでした。

 

高いのに音ブツブツ途切れるし。

 

 

そう考えると8年くらいでものすごく進化したんだなぁと

時代の移り変わりの速さに少々絶望しながら

科学進歩の速さに感動をしています。

 

 

これからもどんどんBluetoothは進化して

音質も良くなり、距離も伸びることで

野外ライブを全員イヤフォンで聞くなんてことも

いつかあるかもしれません。

 

 

iPhoneがイヤフォンジャックをなくしたことも

Bluetoothイヤフォンの将来性を踏まえてのことだったのでしょう。

 

 

 

そのBluetoothも今年の年末にBluetooth 5が正式リリースされたようです。

 

通信速度は2倍、範囲は4倍と

かなり遠い範囲でもタイムラグがほとんど無しで使えるようです。

 

 

トレーニングジムとか狭い範囲をウロウロするときに

この機能あれば便利そう!!

 

 

実際にこのバージョンを利用できるのは

今年の前半以内とのことで、

スマホでいうとサムスン電子とかが先陣を切りそうです。

 

 

 

 

 

ワイヤレスと聞くと基本的に皆さんは

掃除機かイヤフォンしか思い浮かばないかもしれませんが、

電化製品の操作や充電すらもワイヤレスになりつつあります。

 

家電の遠隔操作だとGoogle Nestがやっている

家まるごとIoT化が有名ですし、

ワイヤレス充電だとクラファンで出てきたAirVoltとか。

 

AirVoltとかいいアイデアだなぁとは思ったんですが、

商品化には残念ながら至りませんでした。

 

 

今はQi規格に基づいた無線充電台を通しての充電がMAXですが

近い将来、AirVoltのような商品が出ると思っています。

 

 

こうやってどんどんワイヤレスが浸透していくと

生活がどんどん自由になっていきます。

 

 

スマホBluetoothイヤホンだけ持っていけば

街中どこにいても無線充電ルーターから充電しながら

快適な生活を送れるでしょう。

 

いやGoogle Glassみたいなウェアラブルバイスと指紋だけで

全てが完結するかもしれません。

 

 

そうなると人間はどんどんモノを持たずとも

世界や宇宙にコンビニに行く感覚で出かけられるかもしれません。

 

 

科学のワイヤレス化が進んでいる今、

僕たちも束縛というワイヤーから解き放たれるように

日々努力していかないといけないですね。

 

それでは。

僕たちは機能と美だけを追求すればいい

こんばんはトオルです。

 

続きを読む

スキル習得に分業は非効率?

こんばんは、トオルです。

続きを読む